土屋太鳳、大野いと、他女性キャストが竹下通りを制服大行進!! ”兄の日”制服女子会イベントレポート

この度、映画の公開に先駆け、主演の土屋太鳳さんをはじめ、大野いとさん、森高愛さん、川津明日香さん、越智ゆらのさんという、本作の女性キャストたちが一同に会し、劇中で着用した制服を纏って登場する“制服女子会”イベントを開催いたしました!
 
S__29131345
 
大勢の人が行きかう原宿の竹下通りに、劇中の制服を纏った土屋太鳳さんをはじめ、大野いとさん、森高愛さん、川津明日香さん、越智ゆらのさんが登場すると、まさかのサプライズに悲鳴に近い声援が鳴り響き、瞬く間に人だかりが! 5人は和気あいあいと自撮りしながら、竹下通りを練り歩き、最後まで一人一人の声援に笑顔で応えていきました。
 
そして、会場を移して行われたトークイベントでは、映画の裏話や会場に集まったリアル女子中高生と男子禁制のガールズトークを繰り広げるなど大盛り上がり!
お客さんからは常に「かわいい!」「やばい!」といった黄色い声が飛び交いました!
 
はじめに、本イベントに集まったキャストの皆さんにご挨拶いただきました。
土屋さん:「今日は皆さんとお会いできて嬉しいです。完成披露ではせとかを皆さんにバトンタッチしましたが、今日は女子会ということでもう一度せとかに会えました。短い時間ですが、一緒に思い出を作れたらと思います」
 
大野さん:「原宿は久しぶりで緊張しています。女子高生に囲まれて楽しみたいと思います」
 
森高さん:「私も久しぶりに原宿に来て緊張していますが、皆さん楽しんでいってください」
 
川津さん:「今日のイベントを楽しみにしていたので、参加できて嬉しいです。私も皆さんと同じ現役女子高生なので、同じ目線でお話できたら良いなと思っています」
 
越智:「同世代の皆さんとの女子会を楽しみにして来ました。今日はよろしくお願いします」
 
劇中で親友同士を演じた土屋さんと大野さんですが、プライベートでも本当に仲が良いそうで
土屋さんは「(大野さんとは)出会って5年の仲で、今回のせとか役も自分とは真逆のキャラクターでプレッシャーに思っていた部分もあったのですが、いとにパワーをもらいました」とコメントし、大野さんが照れ笑いする場面も。
 
また、イベントの前に竹下通りを歩いた映像が会場に映し出され、感想を問われると越智さんは「意外と写真を撮ったり楽しかったです」とコメントし、土屋さんは「女子高生に戻った気分で嬉しい」、大野さんは「貴重な体験。すごく幸せでした」と、それぞれが原宿を大満喫した様子。
 
S__29131346
 
女子高生に戻れるとしたら、やってみたいことについて話が及ぶと土屋さんは「制服ディズニーをやってみたいです!今までこれができなかったのが一生の不覚なので、今学生の皆さんは是非制服ディズニーをしてみてください!」とアドバイス。これに対し大野さんは「その時付き合っている人とテレビゲームがやりたいですね」とゲーマーな一面を明かしました。
 
次に、キャストの皆さんに会場のリアル女子中高生から寄せられた質問に答えていただきました!
 
Aさん:「作品の中で、一番キュンとしたシーンはどこですか・・・?」
 
大野さん:「お兄がせとかを愛する表情の一つ一つがキュンキュンします」
 
土屋さん:「演じている時は必死でキュンキュンすることがなくて・・・。片寄さんや監督と、ベンチに押し倒されるシーンの振りを考えたりしていて、特にドラマ2話のトレンチコートを着たお兄のアクションシーンは注目してほしいです」
 
森高さん:「イケメンズとの共演シーンがなかったので、生でキュンキュンシーンを見てはいないのですがNONSTYLE 井上さんの壁ドンはストレートさがあってかっこいいと思いました!」
 
川津さん:「面白さがあって、実際に壁ドンされたいなって思いましたよね(笑)」
 
華やかな女子会トークが盛り上がってきたところで、土屋さんから会場のお客さんへ「劇中に4つのタイプのイケメンが登場しますが、どのキャラクターが一番好きですか?」と逆質問が!
はるか、高嶺、千秋、国光のどのキャラクターが好きか、会場の皆さんに挙手いただいた結果、一番人気はヤンキー系ツンデレお兄のはるか!
リアル女子中高生の声にキャスト陣も納得の表情を見せます。
土屋さんはこの結果に「妹として嬉しい。自分だったら高嶺の少年っぽさのギャップが良いかなと思いきや・・・やっぱりお兄かな!」と妹らしいコメントを寄せ、大野さんも「私もお兄です。周りにこういったヤンキー系のタイプがいなかったので、キュンキュンします」とお兄・はるかの魅力へのエピソードトークでさらに盛り上がりました。
 
Bさん:「土屋さんたちは学生の頃、憧れの先輩はいましたか・・?その先輩に想いを伝えたりしましたか・・?」
 
森高さん:「中1の時は先輩が大人に見えますよね。先輩の部活を終わるのを待って一緒に帰ったりしました。一応想いは伝えましたが、ありがと~と先輩らしくあしらわれてしまいました(笑)」
 
大野:「中2の時に応援団だった先輩に憧れていました。下駄箱でその先輩に呼び出しされたことがあるのですが、ドキドキして引き返してしまいましたね~」
 
Cさん:「今、友人関係で悩んでいるんですけど、土屋さん&大野さんのように、長くずっと親友同士でいられる秘訣はなんですか?」
 
土屋さん:「私は、いとを尊敬していて、つらい時も理解しようとしてくれる姿が有難いし、感謝しています」
 
大野さん:「太鳳は忙しくても全部受け止めて話を聞いてくれる。思っていることを口に出してコミュニケーションをとることが大切だと思います」
 
そして、なんとここで悩み多き女子中高生の皆さんを応援するために、スペシャルゲストとして挿入歌をうたうLeola さんが駆けつけました!
土屋さんとLeolaさんはこの日初めて共演したそうで、Leolaさんは「歌詞を書く時に土屋さんの映像を見ていたので、親近感がありますが緊張しています。実際にお会いしてみて柔らかい雰囲気が素敵な方だと思いました」と感慨深い様子。土屋さんも「すごくお会いしたかったので楽しみです!」と大歓迎しました。
 
早速Leolaさんが挿入歌「コイセヨワタシ。」を歌うと、歌声に聞き入るかのように静まり返る会場。
サビに入ると手拍子が起こり一気に盛り上がりました!大迫力のステージが終わった後、土屋さんは「感動しました・・・」と惚れ惚れとした様子で語り、大野さんも「すごい迫力でした。ここにいることができて幸せです」と大満足の様子。
これを受けてLeolaさんは「皆さんに生でこの歌を伝えることができてうれしかった」とコメントを寄せました。
 
最後に土屋さんから会場の皆さんと映画の公開を楽しみにしている方に向けて、メッセージをいただきました。
土屋さん:「誰かを想うことの素晴らしさを、演技を通して届けることができれば良いなと思います。今日の出会いはどんなに離れていてもずっと繋がっています。これから一緒に歩んでいけたらと思います。本日はどうもありがとうございました」
竹下通りの大行進から始まり、作品同様に華やかな女子会イベントは大盛り上がりの内に幕を閉じました。