土屋太鳳が第5のイケメンに扮し、せとかをお客様にバトンタッチ!? 完成披露試写会イベントレポート

この度、5/24(水)に、非モテ女子の主人公・橘せとかを演じた、今、もっとも勢いに乗る最旬女優・土屋太鳳さんと、イケメンお兄・橘はるかを演じる、本作で映画初出演のGENERATIONS from EXILE TRIBE・ボーカルの片寄涼太さん、セレブ系ののしり王子・芹川高嶺を演じ、数々の話題作に出演し、幅広い役柄を演じ分ける注目俳優・千葉雄大さん、ホスト系スウィートBOY・美丘千秋を演じる、草川拓弥さん、ヘタレ系塩顔男子・芹川国光を演じる杉野遥亮さんらが集結する完成披露試写イベントを実施しました。
その模様をレポートします!
 
メイン_軽
 
先日まで日本テレビほかにて放送されていた連続ドラマも深夜枠ながら高視聴率を記録し、映画公開に向けてますます盛り上がりを見せる本作。そんな話題作に出演する旬なキャスト陣を一目見ようと、会場は溢れんばかりの観客で熱気を帯びます。
 
特別映像と共に片寄涼太さん、千葉雄大さん、草川拓弥さん、杉野遥亮さんの兄系イケメンズが順番に登場すると、観客からは悲鳴とも呼べる歓声が響き渡りました。イケメンズに続き最後には、本作の主人公・せとか役を務めた土屋太鳳さんがタキシードに身を包み登場!普段の可愛らしい姿とは打って変わったイケメンスタイルに会場も驚きの様子。
 
そんな土屋さんは「河合組で心を込めて作り上げた作品がついに完成しました。素敵な今を一緒に過ごしましょう」と挨拶し、せとかの兄・はるかを演じた片寄さんは「人生初の完成披露で気合が入ってます」と意気揚々とコメント。
せとかの初恋の相手・高嶺を演じた千葉さんは「みなさんキュンキュンすること間違いなしです。楽しみにしていてください」と続け、せとかをお姫様扱いしてくれる他校の先輩・千秋を演じた草川さんは「こんなに早く観ていただけて嬉しいです。興奮しています」、また、せとかの親友で高嶺の弟・国光を演じた杉野さんは「映画ではヘタレ系ですが、今日はパリッと決めてみました。良い日になるよう盛り上げましょう」とそれぞれ思い思いに挨拶しました。
 
第5のイケメンに仲間入りするべく、タキシードにヘアースタイルもアップにして挑んだ土屋さんは「どの場面も観てもらう方には男女関係なくときめいて欲しいと願いながらせとかを演じました。今日お越しいただいた方にも、せとかとして『兄こま』の世界を生きてお兄たちの愛を感じて欲しい。私も兄系を目指し、皆さんに愛を届けたくこの姿になりました!」と、会場のお客様にせとかをバトンタッチ宣言!
 
兄系イケメンズに負けないほどのイケメンぶりを見せつけた土屋さんに対し、片寄さんは「かっこいいですね!イケメンが増えました」とコメント。また、観客全員の“高嶺の花”的な存在になった千葉さんは「こんなに可愛い人ばかり集まっていただいて…って冗談だよ!太鳳ちゃんが一番可愛い」と、劇中さながらのドSキャラを爆発!これには会場も笑いに包まれました。
 
ここで、今回せとかを観客の皆さんにバトンタッチするということで、兄系イケメンズによる胸キュンセリフ選手権を開催!会場から抽選で選ばれたお客様に向けて、キャストの皆様に劇中の胸キュン台詞を披露していただきました!
 
サブ1_軽
 
千葉さん:「あれはビジネスキスだ、本当のキスはあんなもんじゃない」
草川さん:「他の男の話はやめて。目の前に僕がいるんだから」
杉野さん:「せとかがんばれー!」
片寄さん:「このまま、バックれよっか?」
土屋さん:「お前のこと本気で好きになってもいいか」
 
憧れのイケメンズを目の前に、胸キュン台詞を受けたお客様は、「緊張しすぎて覚えていない…」、「ドキドキしました!!胸キュンです」などとコメントし、会場全体が大興奮!!
 
最後に、土屋さんは「様々な胸キュンシーンもありますが、是非登場人物の成長物語にも注目してください。この作品が生まれるのは6月30日です。今日から色んな場所でこの映画を広めていただき、お兄の愛を大きく育ててください。本日はどうもありがとうございました」と締めくくり、映画の完成に相応しい華やかなイベントは大盛り上がりで幕を閉じました。

ドラマ特別編集版舞台挨拶&レッドカーペットイベントレポート

この度、4月22日(土)「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」(4月20日~4月23日開催)にて「兄に愛されすぎて困ってます」ドラマ特別編集版が上映され、橘せとか役の土屋太鳳さん、橘はるか役の片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)による舞台挨拶が行われました!
また、映画祭最終日となる4月23日(日)に行われたレッドカーペットイベントにも参戦!
その模様をレポートします。
 
null
 
<上映後舞台挨拶>
 
満席の会場に橘せとか役の土屋太鳳さん、橘はるか役の片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が登場し挨拶すると、お二人の登場を待ちわびた観客からは割れんばかりの大歓声が!お二人では初めての舞台挨拶となりましたが、劇中同様”兄妹”のようなやりとりに会場も大盛り上がりの舞台挨拶となりました。
 
土屋さん「こんばんは!橘せとかを演じました土屋太鳳です。上映後の舞台挨拶はいつも緊張しますが、(本作は)いかがでしたでしょうか?(会場拍手!)観てくださったように、せとかとはるかは海と一緒に育ったので、美ら海に守られているこの沖縄国際映画祭に参加することができて嬉しく思っています。」
 
片寄さん「橘はるか役を演じました片寄涼太です。本日はお越しいただき、ありがとうございます!なかなかこういった舞台挨拶の経験がないので、すごく新鮮な感じがしています。太鳳ちゃんと一緒に、そしてキャストの皆さん・スタッフの皆さんと一緒になって愛情を注いだ作品になっているので、これから公開に向けてたくさんの方に届けていけるように、みなさんからも応援いただけたらと思います。」
 
MC「出演のオファーがきた時はどういった気持ちでしたか?」
 
土屋「本当にプレッシャーがあって、今もそれは続いています。私は原作のせとかちゃんと外見や性格も真逆なので、(せとかを)演じることで原作に失礼になってしまわないかなとか。台本に描かれた原作のせとかとはるかの絵を見るたびに「ど、どうしよう…」と思っていたんですけれども、原作の中にあるせとかちゃんでたまに、2頭身と3頭身のせとかがいてゆるキャラみたいな」
 
片寄「びっくりした時に出てくるみたいなね」
 
せとか「そうそう、コミカルな場面の時に。あれを見て、これなら少し近づける!と思って、そこから少しずつせとかちゃんのキャラクターに手を伸ばしていったという感じでした。」
 
片寄「僕は、(役を)一つ一つクリアしていく、一からの気持ちで臨ませていただきました。」
 
MC「劇中ではお二人とも仲のいい兄と妹役を演じていますが、お互いの演じられてみての印象はどうでしたか?」
 
土屋「観て下った皆さんが一番感じていらっしゃるかと思いますが、お兄がせつない演技をしている時の目がすごくせつなくてなんでこんなせつない目ができるんだろうって。ある撮影の時に気付いたんですが、私共演する方が音楽活動をなさっている場合はライブのDVDを事前に購入して拝見することにしているんです。どういう表現をされるのかなって勉強するために。GENERATIONSさんのライブ映像を拝見したのですが、せつない時の目がお兄が歌っている時の目にそっくりで。やっぱりライブってものすごくたくさんの方々に一人一人隅々まで感情を伝えるから、それが凝縮されている目というのはこんなに感情が入っている目なんだなと
納得しました。完璧なお兄で。」
 
片寄「お兄は結構せつないんですよね。」
 
片寄「最初お会いした時は、すごくせわしい中で大変だろうなという印象だったんですけど、取り組む姿勢であったりとかそういう部分で一番学ばせていただきました。撮影で一緒になった初日に、お兄って呼んでいいですか?と言われてそこから、ああなるほど!って。僕はそういう(演技の)経験があまりなかったのでそういうところから入るんだなとも学ばせていただきました。
刺激をたくさんもらえましたね。」
 
MC「お兄って呼ぼう!というのは(最初から)思っていたんですか?」
 
土屋「そうですね、お兄って呼ばせてください!呼んでいいですか?って言いました。初日から(片寄さんが)お兄になるために、すごく暑い撮影の中、日傘を持ってくださったり後ろでパタパタお扇子であおいでくださったり」
 
片寄「最初だったので、すごく緊張していたんですよ!でもやっぱり兄妹なので、距離が近づかないとダメだな、何ができるかなと思って。とりあえず太鳳ちゃんのマネージャーさんに代わって、しれっと日傘を持ってみたり、そういうところから距離を縮めていきました。」
 
MC「カメラが回っていないところでも、(距離を縮めるために)お話をされたりとかもしましたか?」
 
片寄「俺は絶対死んでもいいと思うまで、絶対死なない!とか。全然関係ない話ばっかりしてたよね。」
土屋「そうですね、河合組全員で(劇中の)コミカルな部分を描きつつ、シリアスな部分も描くことに挑戦していたので、そういう重いシーンなどはお兄にすごく助けていただきました。現場でも、(せとかは)感情がすごく動く女の子なので不安が大きかったのですが、完全に完璧に(片寄さんが)お兄だったので本当に助かりました。」
 
MC「せとかは常に恋にまっしぐらなキャラクターですが、そういう女性はどういうふうに思いました?」
 
土屋「恋に恋する女の子ですよね、素敵だなって思います。私は恋に恋するじゃないですけれど、本当の
自分を知るためにいろんな人と出会って、いろんなお話をするところが、せとかちゃんに少し似てるかなと
思います。せとかちゃんも本当の自分を知ってくれる人を探してるなって。あれ、(キャラクターに)共感するところですか?」
 
片寄「いや!いいと思う!全然大丈夫!恋じゃなくても、人と出会ったりとか人とのこうやりとりでってことだよね」
(土屋さんの言いたいことをまとめてくれる片寄さん)
土屋「ありがとうございます」
 
MC「お兄はせとかちゃんに恋をする難しい役どころでしたが、役作りとして工夫されたことや心がけたことはありますか?」
 
片寄「僕は兄弟もいないので、兄弟っていうのはどういったものであるのか正直せとかとの距離感しか知らないんです。でもそれはそれでいいのかなと思って、せとかに対して愛情を持つためにはやっぱり自分をさらけ出すことが大切だなって思いました。(撮影の)合間の話とかも少しパーソナルなことを話すことで心が少しずつつながっていく中で、1つの愛情がそこに生まれていくのが兄妹愛につなげられたのかなと撮影を振り返ってみると思います。恋をするっていうところに関しては、正直最後までわからなくてよかったかなと思っています。妹に対する愛が本当に「妹」に対する愛だったのか、「女性」として見ての愛だったのかというのは
どうなのかは最後までわからなくていいのかなと思いました。」
 
MC「最後に一言お願いします」
 
片寄「今日初めてドラマを全話観た方とお会いする機会でした。すごくみなさんと貴重な時間を過ごせました。実際にご覧になった方々の笑顔を見ることができて、とても嬉しかったです。映画公開に向けてさらに兄こまのプロジェクトもどんどん盛り上がっていけたらと思っています。ぜひぜひみなさんの温かい応援とともに、みなさんの心に残るような作品になればいいなと思います。
引き続き応援宜しくお願いします!本日はありがとうございました!」
 
土屋「楽しい時間は本当にあっという間に過ぎてしまいますが、過ぎた時間は消えてしまうのではなくて一緒に経験した人たちの心に残っていくものだなと感じています。ですので、本日は短い時間でしたがみなさんとご一緒できて土屋太鳳としても橘せとかとしても本当に幸せな時間でした。この幸せな時間をスタートに、末長く兄こまの世界を愛していただけたら嬉しいです。本日は本当にありがとうございました!」
 
 
<レッドカーペットイベント>
 
null
 
沖縄国際通りで行われたレッドカーペットイベントでは、土屋太鳳はピンクのドレスにドラマの劇中でも使用している花かんむりというキュートな出で立ち、一方の片寄涼太はシックなタキシード姿で登場。沿道に集まった多くの観客からのサインに応じるなど、一つ一つ丁寧にファンの声援に応えました。
レッドカーペットは初ということで、登場前は緊張していたお二人。
登場前の心境を聞くと土屋は「緊張するけど嬉しい。せとかとして歩くのがすごく楽しみです」とレッドカーペットを前にワクワクしている様子を見せ、また片寄は「貴重な機会だと思いますし、すごく温かく迎えていただけるのではと思っています」と期待のコメントを寄せました。
 
 
<「島ぜんぶでおーきな祭第9回沖縄国際映画祭」概要>
◆2017年4月20日(木)~23日(日)沖縄県桜坂劇場ほか
<主催>沖縄国際映画祭実行委員会
<運営>株式会社よしもとラフ&ピース
<公式サイト>https://oimf.jp/
 
ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」特別編集版上映情報
日時:4月22日(土)19:00開場、19:20
開演場所:ミハマ7プレックス(北谷町)
登壇:土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
 
「島ぜんぶでおーきな祭第9回沖縄国際映画祭」レッドカーペットイベント
日時:4月23日(日)
場所:沖縄国際通り

空前絶後の”欲求充足プロジェクト”始動!! キックオフ会見イベントレポート

各地で桜が満開となった4月6日(木)、新宿アルタ・アルタシアターにて、映画『兄に愛されすぎて困ってます』のキックオフ会見イベントが実施されました!
6月30日(金)より全国公開が始まる本作ですが、公開に先駆け、4月12日(水)より日本テレビにて毎週水曜24:59~25:29 (初回は25:09~)の時間帯でドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」が放送されることも決定!!ドラマでは映画と全く同じキャスト・スタッフで様々なエピソードがテンポよく描かれ、せとかが全くモテない理由や、兄系イケメンズとの出会いも明らかに?!まるで、映画で開幕する“兄系イケメンズ・フェスティバル”の前夜祭とでもいうべき内容になっています。そしてドラマの公開を機に、『兄こま』様々なコラボレーションが始まることも決定!女子の欲求を満たす”欲求充足プロジェクト”が始動します!今回、”欲求充足プロジェクト”のキックオフをすべく、本作の主要キャストが勢揃いしました!!
 
re_98R5979_大
 
会場に駆け付けたのは、恋に恋する非モテ女子高生・橘せとかを演じた土屋太鳳さん。ヤンキー系ツンデレお兄・橘はるかを演じた片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)。セレブ系ののしり王子・芹川高嶺を演じた千葉雄大さん。ホスト系スウィートBOY・美丘千秋を演じた草川拓弥さん(超特急)。ヘタレ系塩顔男子・芹川国光を演じた杉野遥亮さんの計5名!スクリーンに本予告が映し出されると、会場に集まった兄こまファンの熱気も最高潮に!! そしてMCの呼びかけにより順に兄系イケメンズたち、土屋さんが登壇すると、会場から大きな歓声が沸き起こりました!!
 
MCからそれぞれ挨拶を求められると、
土屋さん:「桜が満開な今日、桜より眩しいお兄たちの笑顔と、皆さんの心と一緒に、このプロジェクトをスタートすることが出来て本当に嬉しく思っております。短い時間ですがよろしくお願いいたします。」
片寄さん:「本日は本当にありがとうございます。めちゃくちゃドキドキしてるんですけど、皆さんとこうして良いスタートを切れる一日になればいいなと思います。」
千葉さん:「今日から兄こま始動ということで、この記念すべき日に皆さんに立ち会っていただけることを嬉しく思います。これからどんどん盛り上がっていくと思うんで、今日は楽しんで帰ってください。」
草川さん:「今日は素敵なステージでこういう機会に出られて、本当に幸せです。皆さんもめいっぱい楽しんでください。」
杉野さん:「僕自身皆さんとこういう形で会えることが楽しみですし、ここからプロジェクトが始まるということで、皆さんと一緒に盛り上げていけたらなと思います。」
と、それぞれコメント。また、こうしてキャストが集まったのは昨年夏の本作撮影時以来約半年ぶり!!舞台上は撮影時の雰囲気が伝わってくるような、和やかな雰囲気に包まれました。
 
先ず自身の役が決まった時について尋ねられると、土屋さんは「正直に申し上げると…原作のせとかが素敵すぎて、私には絶対無理だと思いました。けど、監督はじめ、スタッフさんやキャストさん、夜神先生にパワーをいただいて、何とか演じることができました。本当にありがたい時間を過ごさせていただいたので、何かの形で社会に、恩返しできたらと思います…ありがとうございました!」と、壇上のキャスト達にもあらためて感謝の気持ちを伝えました。
また映画初出演にして本作で大抜擢された片寄さんは、「全然経験もなく体当たりで挑ませてもらった作品になったので、撮影に入る前には監督やプロデューサーたちと何度もリハーサルをして、また原作を読んで少しでもキャラクターに近づけるように身体を絞ったりしました。」とコメントしました。
本作で土屋さんとの共演が3回目となる千葉さんは、土屋さんの印象について、「大人になったな~と思いました。綺麗なレディになられて。最初に共演したのは太鳳ちゃんがまだ10代の時で、あらためて大人になったなと、今回ご一緒させていただいて思いました。」と、印象についても変化があったと言います。
 
そしてMCとのQ&Aがスタート!
最初のお題は「〇〇を愛しすぎて困ってます」
土屋さんは「私は、筋トレを愛しすぎて困ってます。自分に合った内容を組み合わせてメニューを考えるのが楽しいです!」と、スポーティーな回答!草川さんが「撮影のハードなスケジュールの間にも体幹を鍛えていたりして、ストイックさに感銘を受けました。」と目撃談を話すと、片寄さんも「お昼休憩で、あれ太鳳ちゃんいないなと思っていたら、縄跳びをとんでましたね。」と、多数目撃されていた土屋さん。会場の来場者にも「身体を引き締めたい時とか、あー!ってなっている時、縄跳びがオススメです!」と呼びかけていました。またこのお題に対して千葉さんは、「う~ん、柴犬かな?」と萌えな回答!「本当に好きで、移動中も散歩している人がいると触らせてもらったりとか、お尻や、くりんとした尻尾や、首のぷにょぷにょしたお肉とか、愛しすぎてますね。」とのコメントに、会場にも共感する人が多い様子でした。
 
続いてのお題は「どのタイプの兄系イケメンが好き?」
土屋さんは「千秋さん(草川拓弥)です!千秋さんはショコラという犬を飼っていて、犬は愛情をちゃんと注がないといい子にならないんですけど、ショコラはすごくいい子なんです。素敵ですね。」と、犬好きイケメンに一票。すると隣で柴犬好きの千葉さんが、「間接的に僕のことを話してくれているんですかね」とつっ込むと、会場からも笑いが起きました!
またこのお題に対し、男性陣から撮影時の現場スタッフからは杉野さんが人気だったとの証言が!このモテる要因について杉野さんは、「けどそれって多分恋愛対象じゃないんですよね。友情に近い感じだと思っていて、だから多分本当にモテるのは、この御三方(片寄さん・千葉さん・草川さん)だと思います。」と冷静に分析していました。
 
そしてトークは撮影時の話に。現場の雰囲気については各キャスト、ほのぼのして温かい感じ、自由な感じだったとコメント。
また河合監督の演出について土屋さんは、「大きく動いた方がせとかの良さが出るから、とにかく大きく動いてと言われました。登場人物の魅力を引き出してくれる監督だと思います。」とコメント。片寄さんも「とりあえずやってみてと言われたのがすごく印象的で、とりあえず僕ができることを一回見せてくれと。その中で、面白くしてくださる感じだったので、無理がないというか、そういう導き方をしてくれたのですごくありがたかったです。」と、河合監督に絶大な信頼を寄せている様子でした。
 
そしてMCより、女の子に生まれたすべての女性へ贈る”欲求充足プロジェクト”が発表!!
 
先ず初めに発表されたのは、よみうりランドにて3月24日より開催されている、本作とよみうりランドがコラボした「桜満開!兄系イケメンズフェスティバル」
桜並木が兄こま色にライトアップされ、アトラクションとのコラボレーションを行うなど遊園地が兄こま一色に!!
片寄さんは実際に現地まで行って体験されたそうで、「予想以上にすごくて、兄こま色に染まっていてワクワクする感じでした。ところどころサインさせてもらったりして、そういうのも探してもらえると嬉しいなと思います。」とコメント。
 
そして次に発表されたのが、本作と新宿アルタ・アルタシアターとのコラボレーション!名付けて「兄コマ劇場」、通称:コマ劇が、4月20日より開催されることが発表されました。
「アルタ兄コマ劇場」では、アルタシアターでの特別上映や、フードコーナーでのコラボメニュー、オリジナルグッズの販売などが予定されています!!
 
最後に発表されたのは、せとかの目線になって360度「兄系イケメンズに愛されちゃう」胸キュン体験ができる「兄こま」VR!!
こちらは映像配信サービスdTVでの配信が4/12から決定しており、“兄系イケメンズ”による”キス”や”ハグ”などの胸キュンシーンを、せとかの視点で疑似体験できるVRで、まるでイケメン達を独り占めしているような感覚が味わえる赤面必至の内容になっているとのこと。
 
そして会場には実際に「兄こま」VRが用意され、土屋さんが体験することに!
VRゴーグルを着け胸キュンVRを体験する土屋さん。劇場スクリーンに土屋さんが見ているVR映像が映し出されると、そこには登壇している兄系イケメンズたちの姿が!! あまりのリアルさに思わずマイクを離してしまう土屋さんですが、スクリーンに映し出されるイケメンズたちの姿に会場からも歓声が沸き起こります。また同じくVRを体験した杉野さんは、「すごくリアルで、イケメンたちに囲まれてお得ですよね。脚から頭まで全部見れらて、下を見たら脚もせとかになっていて、スカートを履いていました。」とコメント。MCからスカートを履いていたことに対しどんな気持ちだったか尋ねられると、「不思議な気持ちでしたけどね。スカート履いている!って。男性も楽しめるんだと思いました。」と、ちょっと怪しい?発言で、会場を笑わせました。
 
内容たっぷりのキックオフ会見イベントでしたが、最後はキャストと来場者たちとのフォトセッションに!
会場には「欲」と書かれた5色の<欲バルーン>が用意されると、土屋さんの「せーの!兄こまーー!!!」という掛け声と共に、来場者一斉に欲バルーンを振りながら、「イェーイ!!!」と叫び、大盛り上がりのフォトセッションとなりました。
そして大きな拍手で見送られた土屋さんと兄系イケメンズ。今日から始まる”欲求充足プロジェクト”の門出を祝う、内容充実&イケメン充実なキックオフイベンントとなりました!!

==============
「兄に愛されすぎて困っています VR」配信概要
配信タイトル:「兄に愛されすぎて困っています VR」
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮 神尾楓珠
配信開始日:4月13日(木)午前1:40 毎週木曜午前1:30 更新
配信話数:全6話
作品サイトURL:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005060 
==============
<無料アプリ> VR視聴専用アプリ「dTV VR」概要
アプリタイトル:dTV VR
対応機種 :スマートフォン(Android OS 4.3以上・ios 8.0以上)
視聴方法 :iPhoneはApp Store、AndroidはGoogle Playから「dTV VR」で検索
アプリDL URL:<App Store>https://itunes.apple.com/jp/app/id1133056818?mt=8
       :<Android> https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nttdocomo.dtvvr&hl=ja 
特設サイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005037 
==============