土屋太鳳、大野いと、他女性キャストが竹下通りを制服大行進!! ”兄の日”制服女子会イベントレポート

この度、映画の公開に先駆け、主演の土屋太鳳さんをはじめ、大野いとさん、森高愛さん、川津明日香さん、越智ゆらのさんという、本作の女性キャストたちが一同に会し、劇中で着用した制服を纏って登場する“制服女子会”イベントを開催いたしました!
 
S__29131345
 
大勢の人が行きかう原宿の竹下通りに、劇中の制服を纏った土屋太鳳さんをはじめ、大野いとさん、森高愛さん、川津明日香さん、越智ゆらのさんが登場すると、まさかのサプライズに悲鳴に近い声援が鳴り響き、瞬く間に人だかりが! 5人は和気あいあいと自撮りしながら、竹下通りを練り歩き、最後まで一人一人の声援に笑顔で応えていきました。
 
そして、会場を移して行われたトークイベントでは、映画の裏話や会場に集まったリアル女子中高生と男子禁制のガールズトークを繰り広げるなど大盛り上がり!
お客さんからは常に「かわいい!」「やばい!」といった黄色い声が飛び交いました!
 
はじめに、本イベントに集まったキャストの皆さんにご挨拶いただきました。
土屋さん:「今日は皆さんとお会いできて嬉しいです。完成披露ではせとかを皆さんにバトンタッチしましたが、今日は女子会ということでもう一度せとかに会えました。短い時間ですが、一緒に思い出を作れたらと思います」
 
大野さん:「原宿は久しぶりで緊張しています。女子高生に囲まれて楽しみたいと思います」
 
森高さん:「私も久しぶりに原宿に来て緊張していますが、皆さん楽しんでいってください」
 
川津さん:「今日のイベントを楽しみにしていたので、参加できて嬉しいです。私も皆さんと同じ現役女子高生なので、同じ目線でお話できたら良いなと思っています」
 
越智:「同世代の皆さんとの女子会を楽しみにして来ました。今日はよろしくお願いします」
 
劇中で親友同士を演じた土屋さんと大野さんですが、プライベートでも本当に仲が良いそうで
土屋さんは「(大野さんとは)出会って5年の仲で、今回のせとか役も自分とは真逆のキャラクターでプレッシャーに思っていた部分もあったのですが、いとにパワーをもらいました」とコメントし、大野さんが照れ笑いする場面も。
 
また、イベントの前に竹下通りを歩いた映像が会場に映し出され、感想を問われると越智さんは「意外と写真を撮ったり楽しかったです」とコメントし、土屋さんは「女子高生に戻った気分で嬉しい」、大野さんは「貴重な体験。すごく幸せでした」と、それぞれが原宿を大満喫した様子。
 
S__29131346
 
女子高生に戻れるとしたら、やってみたいことについて話が及ぶと土屋さんは「制服ディズニーをやってみたいです!今までこれができなかったのが一生の不覚なので、今学生の皆さんは是非制服ディズニーをしてみてください!」とアドバイス。これに対し大野さんは「その時付き合っている人とテレビゲームがやりたいですね」とゲーマーな一面を明かしました。
 
次に、キャストの皆さんに会場のリアル女子中高生から寄せられた質問に答えていただきました!
 
Aさん:「作品の中で、一番キュンとしたシーンはどこですか・・・?」
 
大野さん:「お兄がせとかを愛する表情の一つ一つがキュンキュンします」
 
土屋さん:「演じている時は必死でキュンキュンすることがなくて・・・。片寄さんや監督と、ベンチに押し倒されるシーンの振りを考えたりしていて、特にドラマ2話のトレンチコートを着たお兄のアクションシーンは注目してほしいです」
 
森高さん:「イケメンズとの共演シーンがなかったので、生でキュンキュンシーンを見てはいないのですがNONSTYLE 井上さんの壁ドンはストレートさがあってかっこいいと思いました!」
 
川津さん:「面白さがあって、実際に壁ドンされたいなって思いましたよね(笑)」
 
華やかな女子会トークが盛り上がってきたところで、土屋さんから会場のお客さんへ「劇中に4つのタイプのイケメンが登場しますが、どのキャラクターが一番好きですか?」と逆質問が!
はるか、高嶺、千秋、国光のどのキャラクターが好きか、会場の皆さんに挙手いただいた結果、一番人気はヤンキー系ツンデレお兄のはるか!
リアル女子中高生の声にキャスト陣も納得の表情を見せます。
土屋さんはこの結果に「妹として嬉しい。自分だったら高嶺の少年っぽさのギャップが良いかなと思いきや・・・やっぱりお兄かな!」と妹らしいコメントを寄せ、大野さんも「私もお兄です。周りにこういったヤンキー系のタイプがいなかったので、キュンキュンします」とお兄・はるかの魅力へのエピソードトークでさらに盛り上がりました。
 
Bさん:「土屋さんたちは学生の頃、憧れの先輩はいましたか・・?その先輩に想いを伝えたりしましたか・・?」
 
森高さん:「中1の時は先輩が大人に見えますよね。先輩の部活を終わるのを待って一緒に帰ったりしました。一応想いは伝えましたが、ありがと~と先輩らしくあしらわれてしまいました(笑)」
 
大野:「中2の時に応援団だった先輩に憧れていました。下駄箱でその先輩に呼び出しされたことがあるのですが、ドキドキして引き返してしまいましたね~」
 
Cさん:「今、友人関係で悩んでいるんですけど、土屋さん&大野さんのように、長くずっと親友同士でいられる秘訣はなんですか?」
 
土屋さん:「私は、いとを尊敬していて、つらい時も理解しようとしてくれる姿が有難いし、感謝しています」
 
大野さん:「太鳳は忙しくても全部受け止めて話を聞いてくれる。思っていることを口に出してコミュニケーションをとることが大切だと思います」
 
そして、なんとここで悩み多き女子中高生の皆さんを応援するために、スペシャルゲストとして挿入歌をうたうLeola さんが駆けつけました!
土屋さんとLeolaさんはこの日初めて共演したそうで、Leolaさんは「歌詞を書く時に土屋さんの映像を見ていたので、親近感がありますが緊張しています。実際にお会いしてみて柔らかい雰囲気が素敵な方だと思いました」と感慨深い様子。土屋さんも「すごくお会いしたかったので楽しみです!」と大歓迎しました。
 
早速Leolaさんが挿入歌「コイセヨワタシ。」を歌うと、歌声に聞き入るかのように静まり返る会場。
サビに入ると手拍子が起こり一気に盛り上がりました!大迫力のステージが終わった後、土屋さんは「感動しました・・・」と惚れ惚れとした様子で語り、大野さんも「すごい迫力でした。ここにいることができて幸せです」と大満足の様子。
これを受けてLeolaさんは「皆さんに生でこの歌を伝えることができてうれしかった」とコメントを寄せました。
 
最後に土屋さんから会場の皆さんと映画の公開を楽しみにしている方に向けて、メッセージをいただきました。
土屋さん:「誰かを想うことの素晴らしさを、演技を通して届けることができれば良いなと思います。今日の出会いはどんなに離れていてもずっと繋がっています。これから一緒に歩んでいけたらと思います。本日はどうもありがとうございました」
竹下通りの大行進から始まり、作品同様に華やかな女子会イベントは大盛り上がりの内に幕を閉じました。

第5のイケメン・NON STYLE 井上も参戦 ! “兄系イケメンズ完全集合ビジュアル”が解禁!!

この度、ドラマ最終回に初登場した第5のイケメン NONSTYLE 井上裕介さんが演じる矢高北斗が追加された、“兄系イケメンズ完全集合”ビジュアルが初解禁となりました!!
 
anikoma_b2size_inoue_poster
 
今回解禁となったビジュアルは、ドラマ最終回に「イケメン風セクシーブサイク」として初登場した教育実習生の矢高北斗(NONSTYLE 井上裕介)もバラの花束を持って加わったことで、ようやく兄系イケメンズが勢ぞろい?!となり、土屋太鳳さん演じる主人公・せとかを取り囲む愛されすぎ感満載のビジュアルです。
 
ドラマ最終回放送前の予告編では「謎の第5のイケメン」として、体のパーツのみで紹介されていましたが、最終回の放送で井上さんが登場するなりSNS上では「まさかのノンスタ井上さん出てきて笑ってしまった!」「爆笑しかない!」「イケメン風セクシーブサイクに 笑った」など、大きな盛り上がりとなりました。
 
井上さん演じる教育実習生の矢高北斗は、ドラマ最終回に引き続き、映画にも登場。
担当科目の英語で甘いセリフを囁いたり、胸キュン仕草を連発し、せとかに迫ります。
そんな矢高ですが、実は映画のストーリーの行方を左右する重要な役どころ!胸キュン仕草だけではない、要所要所での矢高の言動にもぜひご注目ください!

大阪・名古屋にて、映画「兄こま」特別先行上映会&舞台挨拶が決定!

6月12日(月)名古屋、および6月18日(日)大阪にて、舞台挨拶付の映画「兄こま」特別先行上映会が決定!!
キャストの舞台挨拶付で、いち早く映画が見られる特別な機会となります!!
各地の皆様、ぜひ会いにきてくださいね!
 
【実施会場・日時・舞台挨拶登壇者】
 
<名古屋>
■TOHOシネマズ津島 <Pコード:557–087>
日時:6月12日(月)  ①17:00の回上映後 ②19:30の回上映前
舞台挨拶登壇者(予定):土屋太鳳、片寄涼太 (GENERATIONS from EXILE TRIBE)
 
<大阪>
■MOVIX八尾 <Pコード:557–088>
日時:6月18日(日)  ①11:40の回上映後 ②14:10の回上映前
舞台挨拶登壇者(予定):片寄涼太 (GENERATIONS from EXILE TRIBE)
 
【料金】
全席指定 一般2,000円 大学生1,700円 シニア1,300円
高校生以下、障害者手帳をお持ちの方1,200円
※大学生、高校生は当日要学生証提示
 
【チケット販売方法】
 
≪先行抽選販売「プレリザーブ」≫
■ 申込受付期間: 6月1日(木)18:00~6月5日(月)11:00
● プレリザーブとは? http://t.pia.jp/guide/prereserve.html
●チケットのお申込は チケットぴあ http://w.pia.jp/t/anikoma/ ※PC・モバイル共通
<先行抽選販売に関する注意事項>
※ チケットのお申込は、お一人様2枚までとさせていただきます。
※ チケット料金に別途販売手数料がございます。あらかじめご了承ください。
※ 前売券からのお引換は出来ません。ご注意ください。
※ チケット当選後の変更・払戻は出来ません。予めご了承ください。
※ プレリザーブとは、事前のお申し込みの後、チケットを購入できるサービスです。
※ 必ずしも優先的に良いお席をご用意するものではありません。
※ お申込多数の場合は抽選にて当選者を決定します。(先着順ではありません)
※ お申込は受付期間中ならいつでもOK。(メンテナンス時間をのぞく)
 
≪一般販売≫
6月7日(水) 10:00AMより販売開始
<一般発売に関する注意事項>
●お近くのチケットぴあのお店、下記のコンビニ、もしくはインターネットでお求めいただけます。
●チケットの販売はお一人様2枚までとさせていただきます。
●お席はお選びいただけません。
●チケット料金に別途販売手数料がございます。あらかじめご了承ください。
 
■インターネット購入
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/anikoma/ ※PC・モバイル共通
■直接購入
チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00【営業時間は店舗によって異なります】
サークルK・サンクス 営業時間 朝5:30~深夜2:00【発売初日は10:00~】
セブンーイレブン 営業時間 0:00~24:00【発売初日は10:00~】
●チケット購入に関するお問合わせは、
TEL:0570-02-9111 または http://t.pia.jp/ までお願い致します。
≪その他の注意事項≫
※ 場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
※ 上映途中でのご入場はお断りしております。
※ 全席指定となります。座席指定券をお持ちでない方はご入場いただけません。
※ 転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
※ いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
※ 当日は、マスコミ・メディアの撮影が入る可能性がございます。その際、お客様が写真・映像等に映り込む可能性がございます。あらかじめご了承ください。

6月6日(火)<兄の日>制服女子限定トークイベント参加者募集のお知らせ!!

このたび、6月6日(火)に、映画「兄こま」女子会トークイベントの開催が決定しました!
土屋太鳳さん、大野いとさんをはじめ、女性キャストが集うスペシャルトークイベントに、制服で参加してくれる女子中高生・計10組20名様をご招待します!
ぜひ、ご応募お待ちしております!
 
★日時:6月6日(火)夕方頃
★場所:都内   ※当選された方に別途お知らせします。
★登壇者:土屋太鳳、大野いと、森高愛、川津明日香、越智ゆらの(予定)
 
※登壇者は変更となる可能性がございます。
※場所や日時などの詳細は、当選された方にお知らせ致します。
※制服でご参加いただける女子中学生・女子高校生の方に限定させていただきます。
※映画本編の上映はございません。
 
★応募方法
「兄こま」公式Twitterアカウントをフォローし、該当ツイートをリツイート(RT)
https://twitter.com/anikoma_movie

土屋太鳳が第5のイケメンに扮し、せとかをお客様にバトンタッチ!? 完成披露試写会イベントレポート

この度、5/24(水)に、非モテ女子の主人公・橘せとかを演じた、今、もっとも勢いに乗る最旬女優・土屋太鳳さんと、イケメンお兄・橘はるかを演じる、本作で映画初出演のGENERATIONS from EXILE TRIBE・ボーカルの片寄涼太さん、セレブ系ののしり王子・芹川高嶺を演じ、数々の話題作に出演し、幅広い役柄を演じ分ける注目俳優・千葉雄大さん、ホスト系スウィートBOY・美丘千秋を演じる、草川拓弥さん、ヘタレ系塩顔男子・芹川国光を演じる杉野遥亮さんらが集結する完成披露試写イベントを実施しました。
その模様をレポートします!
 
メイン_軽
 
先日まで日本テレビほかにて放送されていた連続ドラマも深夜枠ながら高視聴率を記録し、映画公開に向けてますます盛り上がりを見せる本作。そんな話題作に出演する旬なキャスト陣を一目見ようと、会場は溢れんばかりの観客で熱気を帯びます。
 
特別映像と共に片寄涼太さん、千葉雄大さん、草川拓弥さん、杉野遥亮さんの兄系イケメンズが順番に登場すると、観客からは悲鳴とも呼べる歓声が響き渡りました。イケメンズに続き最後には、本作の主人公・せとか役を務めた土屋太鳳さんがタキシードに身を包み登場!普段の可愛らしい姿とは打って変わったイケメンスタイルに会場も驚きの様子。
 
そんな土屋さんは「河合組で心を込めて作り上げた作品がついに完成しました。素敵な今を一緒に過ごしましょう」と挨拶し、せとかの兄・はるかを演じた片寄さんは「人生初の完成披露で気合が入ってます」と意気揚々とコメント。
せとかの初恋の相手・高嶺を演じた千葉さんは「みなさんキュンキュンすること間違いなしです。楽しみにしていてください」と続け、せとかをお姫様扱いしてくれる他校の先輩・千秋を演じた草川さんは「こんなに早く観ていただけて嬉しいです。興奮しています」、また、せとかの親友で高嶺の弟・国光を演じた杉野さんは「映画ではヘタレ系ですが、今日はパリッと決めてみました。良い日になるよう盛り上げましょう」とそれぞれ思い思いに挨拶しました。
 
第5のイケメンに仲間入りするべく、タキシードにヘアースタイルもアップにして挑んだ土屋さんは「どの場面も観てもらう方には男女関係なくときめいて欲しいと願いながらせとかを演じました。今日お越しいただいた方にも、せとかとして『兄こま』の世界を生きてお兄たちの愛を感じて欲しい。私も兄系を目指し、皆さんに愛を届けたくこの姿になりました!」と、会場のお客様にせとかをバトンタッチ宣言!
 
兄系イケメンズに負けないほどのイケメンぶりを見せつけた土屋さんに対し、片寄さんは「かっこいいですね!イケメンが増えました」とコメント。また、観客全員の“高嶺の花”的な存在になった千葉さんは「こんなに可愛い人ばかり集まっていただいて…って冗談だよ!太鳳ちゃんが一番可愛い」と、劇中さながらのドSキャラを爆発!これには会場も笑いに包まれました。
 
ここで、今回せとかを観客の皆さんにバトンタッチするということで、兄系イケメンズによる胸キュンセリフ選手権を開催!会場から抽選で選ばれたお客様に向けて、キャストの皆様に劇中の胸キュン台詞を披露していただきました!
 
サブ1_軽
 
千葉さん:「あれはビジネスキスだ、本当のキスはあんなもんじゃない」
草川さん:「他の男の話はやめて。目の前に僕がいるんだから」
杉野さん:「せとかがんばれー!」
片寄さん:「このまま、バックれよっか?」
土屋さん:「お前のこと本気で好きになってもいいか」
 
憧れのイケメンズを目の前に、胸キュン台詞を受けたお客様は、「緊張しすぎて覚えていない…」、「ドキドキしました!!胸キュンです」などとコメントし、会場全体が大興奮!!
 
最後に、土屋さんは「様々な胸キュンシーンもありますが、是非登場人物の成長物語にも注目してください。この作品が生まれるのは6月30日です。今日から色んな場所でこの映画を広めていただき、お兄の愛を大きく育ててください。本日はどうもありがとうございました」と締めくくり、映画の完成に相応しい華やかなイベントは大盛り上がりで幕を閉じました。

視覚障害者用の音声ガイド付き上映のご案内

映画「兄に愛されすぎて困ってます」に視覚障害者用音声ガイドが付くことになりました。
この音声ガイドは、新システム『UDCast』方式を採用しています。
専用アプリをインストールしたスマートフォン・iPod touch等の携帯端末をお持ちの方はどなたでも、全ての上映劇場、上映回にて、音声ガイド付きで映画をお楽しみいただけます。
 
なお、難聴者用日本語字幕版は、一部劇場にて期間限定で上映します。スケジュールが決まりましたら、劇場情報ページにてご案内します。
 
一部Android端末には『UDCast』アプリに未対応の機種がありますので、事前に動作確認をお願いします。
 
『UDCast』の詳しい説明、及び動作確認はこちら
上映劇場はこちら
 
【UDCastに関する問い合わせ先】
Palabra株式会社
電話:0120-291-088 FAX:03-5937-2233
メールアドレス:support@udcast.net

片寄涼太&草川拓弥出演 ドラマ「兄こま」最終回直前スペシャルLINELIVE決定!

5月10日(水)深夜に最終回を迎える、ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」!
そこで、片寄涼太さん&草川拓弥さんによる、最終回直前記念番組を配信いたします。
 
anikoma_linelive_1200x900_0510_re
 
視聴者のコメント投稿から与えられたトークテーマに沿って、進行します。更に豪華プレゼントがもらえるスペシャル企画も予定!
これを観れば、6月30日(金)公開の映画も楽しめる?! みなさん是非ご覧ください!
 
★視聴予約はこちら!
https://live.line.me/channels/75/upcoming/2952568
 
【出演】
片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
草川拓弥(超特急)

AR機能でお兄と写メ! 兄こまスタンディの劇場展開が決定!!

この度、本作のスタンディが4/29(土)より順次劇場展開されていくことが決定!
 
anikoma_standee_POP位置_0411
 
また、スタンディ上の、せとか、はるか、高嶺、千秋、国光、の顔にスマホをかざすと「兄こま」特製フォトフレームが登場し、写真を撮ることが出来るARキャンペーンの展開も決定いたしました!!
 
arstandee
 
本ポスタービジュアルを思わせる兄系イケメンズ勢揃いのこの巨大スタンディには、驚きの仕掛けが!
無料アプリ 「book AR」 をダウンロードしてアプリを起動し、せとか(土屋太鳳)、はるか(片寄涼太)、高嶺(千葉雄大)、千秋(草川拓弥)、国光(杉野遥亮)の“顔の上”にかざし、アプリのSTARTボタンをプッシュすると、せとか&兄系イケメンズ4人の特製フォトフレームが登場します!!ゲットしたフォトフレームは、いつでも、どこでも、何度でも、「book AR」アプリ上のみ再表示可能!!好きな時にせとか&兄系イケメンズと2ショットを楽しめます。この女子の欲求を充足させること間違いなしのARキャンペーンは、スタンディだけでなく、ポスターやチラシでもお楽しみいただけます。ぜひ試してみてください!
 
「book AR」 対応機種はiPhone、Androidのみとなります。詳しい機種・OSバージョンは「book AR」サイト(https://bookar.jp/)をご確認ください。
※一部機種ではアプリ非対応の場合や、対応機種でも コンテンツが正常に表示されないことがあります。すべての機種での動作を保障するものではありません。ご了承ください。
※本コンテンツの公開期限は、8月31日までとなります。その後は非表示となります。
 
★★★★★★★
さらに!このAR機能を使って、#兄こまARフォトコンテスト キャンペーンも併せて開催します。
 
専用のアプリ「book AR」をダウンロードし、本作の巨大スタンディ、もしくはポスターやチラシ上のせとか、はるか、高嶺、千秋、国光の顔にスマホをかざすとゲットできる「兄こま」特製フォトフレーム!
このフォトフレームで写真を撮影して、#兄こまARフォトコンテスト をつけてツイートしてください。
 
ツイートされた写真の中から、せとか賞、はるか賞、高嶺賞、千秋賞、国光賞をそれぞれ選定!選ばれた写真に、キャストそれぞれがコメントする特別動画を後日「兄こま」公式Twitterにてアップ予定です。
 
【応募期間】4月29日(土)~6月29日(木)まで
【結果発表】7月上旬にて公式Twitter上にて動画にて発表予定
 
ぜひキャンペーンに参加してみてくださいね。

ドラマ特別編集版舞台挨拶&レッドカーペットイベントレポート

この度、4月22日(土)「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」(4月20日~4月23日開催)にて「兄に愛されすぎて困ってます」ドラマ特別編集版が上映され、橘せとか役の土屋太鳳さん、橘はるか役の片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)による舞台挨拶が行われました!
また、映画祭最終日となる4月23日(日)に行われたレッドカーペットイベントにも参戦!
その模様をレポートします。
 
null
 
<上映後舞台挨拶>
 
満席の会場に橘せとか役の土屋太鳳さん、橘はるか役の片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が登場し挨拶すると、お二人の登場を待ちわびた観客からは割れんばかりの大歓声が!お二人では初めての舞台挨拶となりましたが、劇中同様”兄妹”のようなやりとりに会場も大盛り上がりの舞台挨拶となりました。
 
土屋さん「こんばんは!橘せとかを演じました土屋太鳳です。上映後の舞台挨拶はいつも緊張しますが、(本作は)いかがでしたでしょうか?(会場拍手!)観てくださったように、せとかとはるかは海と一緒に育ったので、美ら海に守られているこの沖縄国際映画祭に参加することができて嬉しく思っています。」
 
片寄さん「橘はるか役を演じました片寄涼太です。本日はお越しいただき、ありがとうございます!なかなかこういった舞台挨拶の経験がないので、すごく新鮮な感じがしています。太鳳ちゃんと一緒に、そしてキャストの皆さん・スタッフの皆さんと一緒になって愛情を注いだ作品になっているので、これから公開に向けてたくさんの方に届けていけるように、みなさんからも応援いただけたらと思います。」
 
MC「出演のオファーがきた時はどういった気持ちでしたか?」
 
土屋「本当にプレッシャーがあって、今もそれは続いています。私は原作のせとかちゃんと外見や性格も真逆なので、(せとかを)演じることで原作に失礼になってしまわないかなとか。台本に描かれた原作のせとかとはるかの絵を見るたびに「ど、どうしよう…」と思っていたんですけれども、原作の中にあるせとかちゃんでたまに、2頭身と3頭身のせとかがいてゆるキャラみたいな」
 
片寄「びっくりした時に出てくるみたいなね」
 
せとか「そうそう、コミカルな場面の時に。あれを見て、これなら少し近づける!と思って、そこから少しずつせとかちゃんのキャラクターに手を伸ばしていったという感じでした。」
 
片寄「僕は、(役を)一つ一つクリアしていく、一からの気持ちで臨ませていただきました。」
 
MC「劇中ではお二人とも仲のいい兄と妹役を演じていますが、お互いの演じられてみての印象はどうでしたか?」
 
土屋「観て下った皆さんが一番感じていらっしゃるかと思いますが、お兄がせつない演技をしている時の目がすごくせつなくてなんでこんなせつない目ができるんだろうって。ある撮影の時に気付いたんですが、私共演する方が音楽活動をなさっている場合はライブのDVDを事前に購入して拝見することにしているんです。どういう表現をされるのかなって勉強するために。GENERATIONSさんのライブ映像を拝見したのですが、せつない時の目がお兄が歌っている時の目にそっくりで。やっぱりライブってものすごくたくさんの方々に一人一人隅々まで感情を伝えるから、それが凝縮されている目というのはこんなに感情が入っている目なんだなと
納得しました。完璧なお兄で。」
 
片寄「お兄は結構せつないんですよね。」
 
片寄「最初お会いした時は、すごくせわしい中で大変だろうなという印象だったんですけど、取り組む姿勢であったりとかそういう部分で一番学ばせていただきました。撮影で一緒になった初日に、お兄って呼んでいいですか?と言われてそこから、ああなるほど!って。僕はそういう(演技の)経験があまりなかったのでそういうところから入るんだなとも学ばせていただきました。
刺激をたくさんもらえましたね。」
 
MC「お兄って呼ぼう!というのは(最初から)思っていたんですか?」
 
土屋「そうですね、お兄って呼ばせてください!呼んでいいですか?って言いました。初日から(片寄さんが)お兄になるために、すごく暑い撮影の中、日傘を持ってくださったり後ろでパタパタお扇子であおいでくださったり」
 
片寄「最初だったので、すごく緊張していたんですよ!でもやっぱり兄妹なので、距離が近づかないとダメだな、何ができるかなと思って。とりあえず太鳳ちゃんのマネージャーさんに代わって、しれっと日傘を持ってみたり、そういうところから距離を縮めていきました。」
 
MC「カメラが回っていないところでも、(距離を縮めるために)お話をされたりとかもしましたか?」
 
片寄「俺は絶対死んでもいいと思うまで、絶対死なない!とか。全然関係ない話ばっかりしてたよね。」
土屋「そうですね、河合組全員で(劇中の)コミカルな部分を描きつつ、シリアスな部分も描くことに挑戦していたので、そういう重いシーンなどはお兄にすごく助けていただきました。現場でも、(せとかは)感情がすごく動く女の子なので不安が大きかったのですが、完全に完璧に(片寄さんが)お兄だったので本当に助かりました。」
 
MC「せとかは常に恋にまっしぐらなキャラクターですが、そういう女性はどういうふうに思いました?」
 
土屋「恋に恋する女の子ですよね、素敵だなって思います。私は恋に恋するじゃないですけれど、本当の
自分を知るためにいろんな人と出会って、いろんなお話をするところが、せとかちゃんに少し似てるかなと
思います。せとかちゃんも本当の自分を知ってくれる人を探してるなって。あれ、(キャラクターに)共感するところですか?」
 
片寄「いや!いいと思う!全然大丈夫!恋じゃなくても、人と出会ったりとか人とのこうやりとりでってことだよね」
(土屋さんの言いたいことをまとめてくれる片寄さん)
土屋「ありがとうございます」
 
MC「お兄はせとかちゃんに恋をする難しい役どころでしたが、役作りとして工夫されたことや心がけたことはありますか?」
 
片寄「僕は兄弟もいないので、兄弟っていうのはどういったものであるのか正直せとかとの距離感しか知らないんです。でもそれはそれでいいのかなと思って、せとかに対して愛情を持つためにはやっぱり自分をさらけ出すことが大切だなって思いました。(撮影の)合間の話とかも少しパーソナルなことを話すことで心が少しずつつながっていく中で、1つの愛情がそこに生まれていくのが兄妹愛につなげられたのかなと撮影を振り返ってみると思います。恋をするっていうところに関しては、正直最後までわからなくてよかったかなと思っています。妹に対する愛が本当に「妹」に対する愛だったのか、「女性」として見ての愛だったのかというのは
どうなのかは最後までわからなくていいのかなと思いました。」
 
MC「最後に一言お願いします」
 
片寄「今日初めてドラマを全話観た方とお会いする機会でした。すごくみなさんと貴重な時間を過ごせました。実際にご覧になった方々の笑顔を見ることができて、とても嬉しかったです。映画公開に向けてさらに兄こまのプロジェクトもどんどん盛り上がっていけたらと思っています。ぜひぜひみなさんの温かい応援とともに、みなさんの心に残るような作品になればいいなと思います。
引き続き応援宜しくお願いします!本日はありがとうございました!」
 
土屋「楽しい時間は本当にあっという間に過ぎてしまいますが、過ぎた時間は消えてしまうのではなくて一緒に経験した人たちの心に残っていくものだなと感じています。ですので、本日は短い時間でしたがみなさんとご一緒できて土屋太鳳としても橘せとかとしても本当に幸せな時間でした。この幸せな時間をスタートに、末長く兄こまの世界を愛していただけたら嬉しいです。本日は本当にありがとうございました!」
 
 
<レッドカーペットイベント>
 
null
 
沖縄国際通りで行われたレッドカーペットイベントでは、土屋太鳳はピンクのドレスにドラマの劇中でも使用している花かんむりというキュートな出で立ち、一方の片寄涼太はシックなタキシード姿で登場。沿道に集まった多くの観客からのサインに応じるなど、一つ一つ丁寧にファンの声援に応えました。
レッドカーペットは初ということで、登場前は緊張していたお二人。
登場前の心境を聞くと土屋は「緊張するけど嬉しい。せとかとして歩くのがすごく楽しみです」とレッドカーペットを前にワクワクしている様子を見せ、また片寄は「貴重な機会だと思いますし、すごく温かく迎えていただけるのではと思っています」と期待のコメントを寄せました。
 
 
<「島ぜんぶでおーきな祭第9回沖縄国際映画祭」概要>
◆2017年4月20日(木)~23日(日)沖縄県桜坂劇場ほか
<主催>沖縄国際映画祭実行委員会
<運営>株式会社よしもとラフ&ピース
<公式サイト>https://oimf.jp/
 
ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」特別編集版上映情報
日時:4月22日(土)19:00開場、19:20
開演場所:ミハマ7プレックス(北谷町)
登壇:土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
 
「島ぜんぶでおーきな祭第9回沖縄国際映画祭」レッドカーペットイベント
日時:4月23日(日)
場所:沖縄国際通り

Loppi限定グッズ付き前売券が予約開始!

全国のローソン・ミニストップ Loppi にて、映画「兄に愛されすぎて困ってます」×Loppi限定引換券付き前売券の予約受付を開始しました!
 
グッズ内容は、「メイキング・オフショットDVD&キャラクター場面写真5枚セット」!
DVDには真剣な撮影シーンの一方で繰り広げられる、出演者同士の和やかな掛け合いが収録されており、ファンにはたまらない見どころが満載です♪
 
詳しくは、下記URLのローチケHMVページ、またはローソン・ミニストップ店内配布のLoppiグッズカタログ5月号をご覧ください。
http://l-tike.com/gd/anikoma.html
 
■ご購入方法
【全国のローソン・ミニストップ店内 Loppi(ロッピー)でのお申込み】
Loppiのトップ画面の「各種番号をお持ちの方」より下記[Lコード]を入力してお手続きを開始してください。
 
1)一般前売券セット
・価格:一般前売券1,400円+メイキングDVD&キャラクター場面写真セット1,400円=2,800円[税込]
・予約期間:4/22(土)10:00~6/29(木)23:30
・Lコード:[92700]
 
2)一般前売券のみ
・一般前売券(高校生以上)1,400円[税込]
・予約期間:~6/29(木)23:30
・Lコード:[92490]
 
【グッズ引換・商品お渡し日:8/17(木)】
※前売券は、お申し込み後レジにてすぐにお受取りになれます。